NEWS

2015/12/10

当研究室の山岸健人が第24回ポリマー材料フォーラムにおいて優秀発表賞を受賞しました。
「導電性高分子PEDOT:PSSからなる自己支持性ナノ薄膜の構築と皮膚表面電極としての応用」

2015/12/6

当研究室の大植愛子(修士2年)が日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会(2015年12月13日、明治大学駿河台キャンパス)に参加いたします。
医学セッション1部(14:55-15:55)「酸素マイクロ・ナノバブル水を用いた完全液体換気への応用」

2015/11/18

【プレスリリース】
- デバイス形態は「着る」から「貼る」へ - 筋肉の活動を計測する電子ナノ絆創膏を発表
http://www.waseda.jp/top/news/34735

2015/11/18

当研究室の山岸 健人が 第39回(2015年秋季)応用物理学会講演奨励賞を受賞致しました。
自己支持性導電性高分子ナノ薄膜の調製と皮膚接触電極としての応用
http://www.jsap.or.jp/activities/award/lecture/dai39kai.html

2015/10/22

当研究室の山岸健人が,第24回ポリマー材料フォーラム(2015年11月26日 - 27日, タワーホール船堀, 第24回ポリマー材料フォーラム )に参加いたします。
演題番号、「タイトル」、(発表者):
1PB08、「導電性高分子PEDOT:PSSからなる自己支持性ナノ薄膜の構築と皮膚表面電極としての応用」、(山岸健人 リーディング理工学博士プログラム3年)

2015/10/22

当研究室の山岸健人、岡本麻鈴が,第3回アクティヴ・エイジング研究所シンポジウム(AAA)(2015年10月30日 - 31日, 早稲田大学東伏見キャンパス79号館, Institute of Advanced Active Aging Researchシンポジウム に参加いたします。
"タイトル"、(発表者):
10月31日(9:35-)、"Ultra-conformable strain gauge for analysis of dynamic skin deformation"、(山岸健人 リーディング理工学博士プログラム3年)
10月31日(13:45- ポスター発表)、"Fabrication of Metal Lines on Polymer Nanosheets by Inkjet Printer"、(岡本麻鈴 修士1年)

2015/10/22

当研究室の李天舒博士、大澤史佳、多喜川真人が,第22回日本血液代替物学会年次大会(2015年10月22日 - 23日, 熊本大学薬学部(大江キャンパス)宮本記念コンベンションホール, 日本血液代替物学会)に参加いたします。
演題番号、"タイトル"、(発表者):
G3 (10/22 16:20-17:20)、「Study of amino acid-containing cationic liposomes on the immune stimulation of human macrophages and THP-1 monocytes」、(李天舒(Tianshu Li)博士 )
S15 (10/23 9:00-10:30)、「血小板:赤血球:血漿(1:1:1)蘇生輸血の新展開」、(多喜川真人 リーディング理工学博士プログラム1年)
G7 (10/23 14:20-16:20)、「磁性粒子内包血小板代替物H12-(ADP/mp)リポソームの構築」、(大澤史佳 修士1年)

Message from Prof. TAKEOKA


両親媒性分子(リン脂質、糖脂質、アミノ脂質)や医用高分子(水溶性高分子,高分子電解質)、蛋白質、核酸などが構築する多様な分子集合形態や分子間相互作用による協同現象は、 生命現象の理解のみならず、特定の機能を持つナノデバイスの構築においても重要です。本研究室では、生体分子や医用高分子を対象として、これらが集合して構築する分子集合体や構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療へ応用展開することを目的としています。


研究内容

ナノシートグループ

自己支持性高分子ナノシートの物性評価と医療応用

バイオイメージンググループ

細胞内の様々な生理現象を可視化するための新規蛍光プローブの開発

ナノ医療グループ - リポソーム

アミノ酸脂質リポソームを用いたより効率の良いDDS担体の開発

ナノ医療グループ - 人工血小板

脂質リポソームを用いた血小板代替物の構築