NEWS

2017/10/26

当研究室の大西浩平、駒木根元気、佐藤啓斗、孫健が第24回日本血液代替物学会(12/7-8, 2017,)に参加いたします。

"核酸脂質複合体の集合形態が核酸の細胞内への導入効率に与える影響" (大西浩平)
"エタノール注入法によるADP内包リポソームの調製" (駒木根元気)
"酸素マイクロナノバブル分散液を用いた完全液体換気から期待換気への復帰" (佐藤啓斗)
"サルコシン-PE を修飾したリポソームによる ABC 現象の回避" (孫健)

2017/10/26

当研究室の藤枝俊宣と山岸健人が 2017 MRS Fall Meeting & Exhibit(2017年11月26日-12月1日、ボストン)に参加いたします。

BM09.02.04 "An ultrathin epidermal strain sensor constructed with an inkjet-printed conductive polymer on an elastomer nanosheet" (山岸健人)
BM06.02.04 "Ratiometric Temperature Mapping of Living Tissues Using Ultra-Conformable Polymer Nanosheets Loading Thermo-Sensitive Dyes" (藤枝俊宣)

2017/10/26

当研究室の藤枝俊宣講師、小久保奈々、中原景子が第39回日本バイオマテリアル学会大会(2017年11月20日-21日、タワーホール船越)に参加いたします。

1A-SL2 生体計測・制御システムに向けたプリンッドナノ薄膜の創製(藤枝俊宣)
1P-124 インクジェット印刷による薄膜状微小電極の開発と神経活動電位のin vivo計測(小久保奈々)
1P-091”蛍光標識法によるリポソームの活性化血小板に対する結合能の評価法”(中原景子)

2017/9/22

当研究室の藤枝俊宣講師、高橋功が第66回高分子討論会(2017年9月20日-22日、愛媛大学)に参加いたしました。
2Z14 高分子ナノシートへのインクジェット印刷配線と神経電極への応用(藤枝俊宣)
1ESB10 Polydopamine修飾による生体組織に対する高分子ナノシートの接着力向上(高橋功)

2017/9/21

当研究室の佐藤啓斗が44th Annual Congress of the European Society for Artificial Organs (9/5-9, 2017, ウィーン(オーストリア))に参加いたしました。
Application of micro/nano bubble dispersion for total liquid ventilation

Message from Prof. TAKEOKA


両親媒性分子(リン脂質、糖脂質、アミノ脂質)や医用高分子(水溶性高分子,高分子電解質)、蛋白質、核酸などが構築する多様な分子集合形態や分子間相互作用による協同現象は、 生命現象の理解のみならず、特定の機能を持つナノデバイスの構築においても重要です。本研究室では、生体分子や医用高分子を対象として、これらが集合して構築する分子集合体や構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療へ応用展開することを目的としています。


研究内容

ナノシートグループ

自己支持性高分子ナノシートの物性評価と医療応用

バイオイメージンググループ

細胞内の様々な生理現象を可視化するための新規蛍光プローブの開発

ナノ医療グループ - リポソーム

アミノ酸脂質リポソームを用いたより効率の良いDDS担体の開発

ナノ医療グループ - 人工血小板

脂質リポソームを用いた血小板代替物の構築