NEWS

2020/1/7

当研究室の三原将がヒューマンパフォーマンス研究所 第二回研究報告会(2019年9月19日、東京)に参加しました。
ナノシートエレクトロニクス×スポーツサイエンス (三原将)

2020/1/7

当研究室の三原将がElectrophysiological and Imaging Approaches to Study the Neuro-Musculo-Mechanics of Human Movement(2019年11月16日、ベルギー)に参加しました。
Efficacy of novel material for surface electromyography (三原将)

2020/1/7

当研究室の山岸健人、中西孟徳、三原将、武岡真司教授、藤枝俊宣准教授の論文がNPG Asia Materialsに掲載されました。
"Elastic kirigami patch for electromyographic analysis of the palm muscle during baseball pitching"
Kento Yamagishi, Takenori Nakanishi, Sho Mihara, Shinji Takeoka, Toshinori Fujie

2020/1/7

当研究室の郝梅婷が 第4回生体医歯工学共同研究拠点国際シンポジウム(2019年11月14日-15日、浜松)に参加致しました。
P2-32 Development of Flexible Antenna Coils for Gas Sensing Application (郝梅婷)

2020/1/7

当研究室の末松良隆、杉田凜が 第41回日本バイオマテリアル学会(2019年11月25日-26日、茨城)に参加致しました。
P87 スフェロイド担持多孔質ナノシートの調製と糖尿病皮膚欠損モデル動物に対する創傷治癒能の評価 (末松良隆)
P109 生体深部に小型光源を安定固定可能な生体接着性ナノシートの開発 (杉田凜)

2019/11/21

当研究室の垣内健太が17th International Symposium on Blood Substitutes and Oxygen TherapeuticsにてYoung Excellent Abstract Awardsを受賞いたしました。

2019/11/21

当研究室の垣内健太、Hu Runkai、堀田盛弘、藤澤瑞生が17th International Symposium on Blood Substitutes and Oxygen Therapeutics(2019年11月21日、奈良)に参加しました。
P-14 Total liquid ventilation with oxygen fine bubbles for acute lung injury (垣内 健太)
口頭発表(セッション3) Development of High-Sensitive and Rapid Biomolecule Detection Method by Using Temperature-resposive Fluorescent Liposomes (Hu Rinkai)
P-22 Preparation of anionic liposomes encapsulating FITC-Dextran in microfluidic device for multivariate analyses (堀田 盛弘)
P-17 Effect of Cationic Lipid Structure on Cellular Membrane Fusion Behavior of Cationic Liposomes (藤澤 瑞生)

2019/11/13

当研究室の垣内健太が8th Meeting of the International Federation for Artificial Organs(2019年11月13日、大阪)に参加しました。
PE08-5 Total Liquid Ventilation with Oxygen Fine Bubble Dispersion Prevents from Acute Lung Injury in Rats (垣内 健太)

Message from Prof. TAKEOKA


両親媒性分子(リン脂質、糖脂質、アミノ脂質)や医用高分子(水溶性高分子,高分子電解質)、蛋白質、核酸などが構築する多様な分子集合形態や分子間相互作用による協同現象は、 生命現象の理解のみならず、特定の機能を持つナノデバイスの構築においても重要です。本研究室では、生体分子や医用高分子を対象として、これらが集合して構築する分子集合体や構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療へ応用展開することを目的としています。


研究内容

ナノシートグループ

自己支持性高分子ナノシートの物性評価と医療応用

バイオイメージンググループ

細胞内の様々な生理現象を可視化するための新規蛍光プローブの開発

ナノ医療グループ - リポソーム

アミノ酸脂質リポソームを用いたより効率の良いDDS担体の開発

ナノ医療グループ - 人工血小板

脂質リポソームを用いた血小板代替物の構築