Featured topic

シリーズ「未来の早稲田を担う研究者」第15回 武岡 真司 教授 – 早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 (waseda.jp)


News

2022/04/26

当研究室の武岡真司教授、藤枝俊宣准教授の論文がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。
"Paper-Based Wearable Ammonia Gas Sensor Using Organic–Inorganic Composite PEDOT:PSS with Iron(III) Compounds"
Fujita Hajime, Meiting Hao, Shinji Takeoka, Yuji Miyahara, Tatsuro Goda, Toshinori Fujie

2022/04/26

当研究室が所属するヒューマンパフォーマンス研究所が2022年4月1日より日本科学未来館(東京・お台場)研究エリアにて研究活動を開始しました。(ヒューマンパフォーマンス研究所)

2022/02/17

当研究室の末松良隆、武岡真司教授、藤枝俊宣准教授の論文がScientific Reportsに掲載されました。
"Enhanced cellular engraftment of adipose-derived mesenchymal stem cell spheroids by using nanosheets as scaffolds"
Hisato Nagano, Yoshitaka Suematsu, Megumi Takuma, Shimpo Aoki, Ayano Satoh, Eiji Takayama, Manabu Kinoshita, Yuji Morimoto, Shinji Takeoka, Toshinori Fujie , Tomoharu Kiyosawa

2022/02/17

当研究室の三原将、武岡真司教授の論文がPolymers advanced technologiesに掲載されました。
"Preparation and characterization of highly elongated polydimethylsiloxane nanosheets"
Sho Mihara, Shinji Takeoka

2022/02/17

当研究室の武岡真司教授、藤枝俊宣准教授の論文がfrontiers in Sensorsに掲載されました。
"Flexible Film-Type Sensor for Electrochemical Measurement of Dopamine Using a Molecular Imprinting Method"
Takumi Kishi, Toshinori Fujie, Hiroyuki Ohta, Shinji Takeoka

2022/02/17

武岡真司教授が合同国際会議(2021年12月20, 21日、Webinar)でKeynote Speakerとして"Flexible Polymer Thin Films for Nano-Biointerfaces"を発表しました。

2022/02/17

当研究室の垣内健太、武岡真司教授の論文がPLoS ONEに掲載されました。
"Development of quantitative and concise measurement method of oxygen in fine bubble dispersion"
Kenta Kakiuchi, Takehiro Miyasaka, Norikazu Harii, Shinji Takeoka

2022/02/17

武岡真司教授の記事がTop Global University Project: Waseda Goes Globalに掲載されました。
"研究と教育におけるコラボレーション:GianniCiofani教授と武岡真司教授が生体材料の革命をリードする"
武岡真司

2022/02/17

Message from Prof. TAKEOKA


両親媒性分子(リン脂質、糖脂質、アミノ脂質)や医用高分子(水溶性高分子,高分子電解質)、蛋白質、核酸などが構築する多様な分子集合形態や分子間相互作用による協同現象は、 生命現象の理解のみならず、特定の機能を持つナノデバイスの構築においても重要です。本研究室では、生体分子や医用高分子を対象として、これらが集合して構築する分子集合体や構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療へ応用展開することを目的としています。


研究内容

ナノシートグループ

自己支持性高分子ナノシートの物性評価と医療応用

バイオイメージンググループ

細胞内の様々な生理現象を可視化するための新規蛍光プローブの開発

ナノ医療グループ - リポソーム

アミノ酸脂質リポソームを用いたより効率の良いDDS担体の開発

ナノ医療グループ - 人工血小板

脂質リポソームを用いた血小板代替物の構築