NEWS

2017/4/18

当研究室の山岸健人、堀田盛弘が第66回高分子学会年次大会(2017年5月29日-31日、幕張メッセ)に参加いたします。
2J04 柔軟性エラストマーナノシートの開発と生体組織への密着特性評価 (山岸健人)
3Pd110 マイクロ流路デバイスを用いたアミノ酸型カチオン性脂質からなる W/O/W エマルジョンの調製 (堀田盛弘)

2017/4/18

当研究室の小久保奈々が第40回日本神経科学大会(2017年7月20日-23日、幕張メッセ)に参加いたします。
1P-368 神経活動電位の計測に向けたインクジェット印刷による超薄膜電極の開発 (小久保奈々)

2017/2/21

当研究室の大西浩平、染谷大地、小久保奈々、高橋功、中原景子が日本化学会第97回春季年会(2017年3月16日-19日,慶応大学 日吉キャンパス)に参加いたしました。
2C1-43 "siRNAと脂質の集合形態が与える細胞取り込みへの影響" (大西浩平)
3E4-04 "pHマッピングを可能とするナノシート型蛍光センサーの構築" (染谷大地)
3E4-02 "神経活動電位を計測可能な高分子ナノシート状電極の開発" (小久保奈々)
3B4-10 "生体組織表面に対する高分子ナノシートの密着性評価" (高橋功)
2C1-46 "H12-liposomesの活性化血小板に対する結合能評価" (中原景子)

2017/2/21

当研究室の山岸健人、岡本麻鈴、鉄祐磨が第64回応用物理学会春季学術講演会(2017年3月14日-17日, パシフィコ横浜)に参加いたしました。
15p-416-10 "生体組織への密着性を有するエラストマー超薄膜の開発" (山岸健人)
15p-416-5 "皮膚貼付型エレクトロニクスへの応用に向けたエラストマー薄膜による電子素子封止技術の開発" (岡本麻鈴)
15p-416-4 "皮膚の微細な変形の測定に向けた超薄膜ひずみセンサの開発" (鉄祐磨)

2016/12/27

当研究室の佐藤啓斗(修士1年)が第5回マイクロ・ナノバブル学会学術総会(明治大学駿河台キャンパス, 2016年12月17日-18日)に参加致しました。
"酸素マイクロ・ナノバブル水の完全液体換気への応用"

Message from Prof. TAKEOKA


両親媒性分子(リン脂質、糖脂質、アミノ脂質)や医用高分子(水溶性高分子,高分子電解質)、蛋白質、核酸などが構築する多様な分子集合形態や分子間相互作用による協同現象は、 生命現象の理解のみならず、特定の機能を持つナノデバイスの構築においても重要です。本研究室では、生体分子や医用高分子を対象として、これらが集合して構築する分子集合体や構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療へ応用展開することを目的としています。


研究内容

ナノシートグループ

自己支持性高分子ナノシートの物性評価と医療応用

バイオイメージンググループ

細胞内の様々な生理現象を可視化するための新規蛍光プローブの開発

ナノ医療グループ - リポソーム

アミノ酸脂質リポソームを用いたより効率の良いDDS担体の開発

ナノ医療グループ - 人工血小板

脂質リポソームを用いた血小板代替物の構築